ハチマキ坊主の脳卒中リハビリ闘病ブログ〜まだ30代なのに脳出血で突然片麻痺に〜

健康なんてまったく気にせず高血圧のくせに不摂生生活を続けた結果、若干37歳で脳内出血を患い、まさかの 左半身麻痺に。脳卒中やリハビリなんて自分には無縁だと思っていた。車椅子なんて一生乗ることはないとおもっていた。はずなのに、、、。 このブログの内容は、実体験による完全なるノンフィクション闘病生活日記です。毎日朝7時か正午か19時頃に頑張って更新中♩

ハチマキ坊主のリハビリ闘病ブログ

脳卒中の夢と現実【闘病記(61)】





今年の4月4日、私は深夜に救急車で搬送され、突然入院が始まった。
 急性期時代、私は色々な不思議な体験をした。
 同じ脳卒中村患者の話を聞くと、
私と同じような不思議な体験をした人がたくさんいた。

夢かリアルか分からない。
 かくいう私もリアルな夢を体験した。

www.april4.xyz

いま、私達がという感覚を感じでいるのは、全て脳が処理して具現化(出力)している。視覚、嗅覚、触覚、空間認知など、身体全身で得た情報は、全て脳に集約され、スーパーコンピューターに負けないぐらいの情報処理でを出力している。
 今ベッドで寝転びながら私のブログを見ている、というも、
部屋のベッドの上に寝転がっている、という空間認知と、
ベッドのシーツや
スマホを触る触覚、字を見る視覚
朝食の準備の嗅覚、隣の部屋から漏れる子供番組のテレビの音、聴覚
これら全て、それぞれ身体のパーツが見たり感じてるわけではない。それら全て脳が見たり感じたりしている。
そんな大事大事な脳が今回脳卒中で色々ダメージを受けてしまい、脳内の細胞達が、自身が死ぬまいと、いつも以上にフル回転しまくったとしたら?特に脳卒中発症した直後ならより脳がいつも以上に最大限高速回転しただろう。

するとどうだろうか。本来ないはずの色々な感覚が滝のように脳に溢れ、まるでリアルな夢、現実ではない現実が映し出されるだろう。しかし、それは脳にとっては、という現実だ。

もしかしたら、今までずっとリハビリを頑張ってきて、ようやく歩けるようになったことすらも、現実ではないかもしれない。
実はいまだ、急性期のベッドの上で私は寝たきり状態で、ぱっと目が覚めたら、身体の感覚がまったくない状態だったたらどうしよう、と、おなじ脳卒中の患者さんと笑いながらそんな話をした。

彼とは、急性期の頃から一緒の大切な相棒だ。






あなたが感じている、という感覚は、現実?






それとも?







最後までお読みくださいました貴方に、益々のご健勝と御多幸をお祈り申し上げます。誠にありがとうございました! この投稿を少しでも面白かったと思った奇特な方は是非シェア、ブクマをお願いします。リハビリ生活の励みになります😭 Twitterもよろしくお願いします🙇 リアルタイム入院生活、昼夜つぶやいています。